平成20年(2008年)11月1日、『源氏物語』の存在が記録上確認されてから一千年を迎えます。そこで、この記念すべき年を〜紫のゆかり、ふたたび『源氏物語 千年紀』〜と名付け、官民こぞって日本文化の奥深さ、素晴らしさを国内外の人々に伝えるべく、数々のイベントを実施しています。

 もちろん、市川雷蔵ファンとしては、“広げよう!千年紀の取組”に賛助を惜しみません。莚蔵の時代からの『源氏物語』との関わりの数々をここに載せることで、演技者・市川雷蔵を通して平安時代の文化に思いを馳せてみたいと思います。

 1000年目の今年(2008)は、大雷蔵祭の開催とDVD『新源氏物語』の発売に源氏物語特集第二弾“秋の京洛に訪ねる『新源氏物語』”をお届けします。

 

 

 

Top Page