赤ちゃん一人舞台

 或る日。清涼殿のセットで赤ちゃん登場。これが又可愛らしい赤ちゃんで、皆のマスコット。初めのワンカットは丁度お昼寝の時間だったのか、スヤスヤ寝ていて本番も無事通過。次に寿海さんがだいて雷蔵さんに 「小さい時にそっくりだ」と云うシーンに来ると目をさましてしまった。大人だってセットの暑さにいささかグロッキーなのに赤ちゃんはなおさら、その上着物を着せられるんだからたまらない。スタッフの人に抱かれている時は、それでもいいのだが寿海さんに抱かれると泣きだす。かわるがわるあやしに出るが、まわりがすべて見慣れない衣裳を着けているので益々大変。森監督がだっこしてあやす。これもだめ、結髪のおばさんが出ていってもだめ。

 ここで雷蔵さんが登場、そのあやし方たるや例の大声で 「これ、これ」この声で赤ちゃん、びっくりして雷蔵さんの顔をみて一瞬だまったが、すぐ雷蔵さんの顔をみつめたまま大声で泣き出す。雷蔵さん 「この子、よう昼寝せん子やなあ」だって。

 さっき起きたばかりに無理な事、そう都合よくはいきませんよねェ。結局お人形で、撮りました。この時の皆のホッとした表情、この赤ちゃんまさに千両役者という所。

再び?「青海波」を舞う

 或る日。連日衣冠束帯の衣裳ばかりではと思っていると、急に衣裳をかえて現れた雷蔵さん、清涼殿東庭のシーンで紅葉賀の席で川崎敬三さんの頭の中将と「青海波」を舞う、と云っても舞が終って帝よりおほめの言葉を受けるシーンで、舞の方は後日、ロケで行うとか・・・

 頭の冠に紅葉の小枝をさし、衣裳は狩衣の様な感じのもので、色彩の美しさは一寸書けませんね。映画でごゆっくりと云う所です。

 さて、セット替わりの待ち時間を利用して、寿美花代さんにインタビューをお願いすると、すぐにお逢いして下さいました。

 寿美花代さん 「雷蔵さんとは、雑誌のお仕事で一度お逢いしましたが、別にお話しませんでした。雷蔵さんって映画で見て感じるのは、取り澄ました二枚目と思っていましたが、気さく面白い方です。光源氏ですか?そうねェ、雷蔵さんにぴったりですねェ。この作品は王朝物と云うとテンポがのろいですが、現代的に描かれておりますね。私としても、舞台と映画とは演技も違いますので、一寸心配でしたが、雷蔵さんは、良く指導して下さいますし、固くなれば、面白い話をして気分を楽にして下さいますし、大変勉強になったと思っています」

 男役という先入観があったので、どんな方かと思いのほか、大変女らしい、もの静かな方なので一寸おどろきました。

  

Top Page