笑顔のお二人

これが最後の狂四郎映画になるなんて・・・誰が想像したでしょうか?