「よ志哉」17号より