去る六月二日〜四日まで一泊二日の第三回大映京都撮影所見学並びに宇治、比叡山コースの旅行は、会の年中行事として催されたが、大変好評のうちに無事終了した。以下どの模様を御覧下さい。

 

 翌日は昨日の晴天とは打って変って雨、それでも、八時半には天竜寺を出発致しました。宇治の平等院では建築の美を最大に味わい、雨降る中を宇治川へ、そして普茶料理で有名な黄檗山万福寺へ、この黄檗宗は一門が少なく、一歩山門に入ると日本にいる事を忘れさせ、支那にいる錯覚を起させるとか、ここで昼食。お坊さんの用意してくれた普茶料理で皆さん満足げ、さてそれから醍醐寺へ、五重の塔の美しさに魅了され大名気分で庭園を見て歩く、そして石山寺へ、静かな石に囲まれた寺といいたいが、やっぱり観光地でしかなかったという感じでした。

 

醍醐寺は絵のように美しいお寺 石山寺でそれぞれ記念撮影する会員さん

 比叡山のドライブウエイをのぼり、右手に琵琶湖、左手に京都市を一望に眺められ、四明ヶ嶽へのぼり、これより霧の中を天台宗比叡山延暦寺へ。本堂では何百年も消えずに光り続けたお燈明が、暗い本堂にかすかな光を放っていました。こうしてかけ足の旅行になりましたが、わずか二日の間に最大の思い出を作ってくれました。六時半皆さんと京都駅でお別れいたし、それぞれ帰途につきました。大変簡単な随行記になりましたが、あしからず。

根本中堂は霧の深い中を行く

◎旅行中、役員不慣れのためいろいろ御迷惑をおかけした事と存じます。ここに改めてお詫び申し上げます。又班長さんにはいろいろと御苦労様でした。ここに厚く御礼申し上げます。

 

Top Page