白熱の演技を展開する二人のスタア、そしてそれを喰い入るような瞳で見つめる監督。どの瞳の輝きも、あやしいまでの迫力にあふれています。

 大映秋の超大作『大菩薩峠』はこうした激しい意慾の燃焼の中で、文豪中里介山の原作を忠実に再現し、その真髄にふれようとする問題の一作なのです。

 主人公机龍之助に扮するは大映の至宝市川雷蔵、その龍之助に操を奪われるお浜に中村玉緒が扮し、撮影はいまや最高潮、好調三隅研次監督の演出もいよいよ冴えを見せているのです。

大映グラフNo.5「錦秋臨時増大号 特集・大菩薩峠」より