辻 久一 (つじ ひさかず)

1914年3月18日/兵庫県出身
筆名・野上徹夫

東京大学文学部ドイツ語学科を35年卒業。東大在学中から
映画評論の筆を執り始め、雑誌「映画評論」の常連執筆者となり。
また、「シナリオ研究」「劇作」にも寄稿。明大文芸科講師となるが、
39年に召集を受け、中国に出征。上海軍報道部勤務となり、日本軍
占領下の映画行政に当たる。43年除隊して、中華電影に入社、
国際合作処所属。46年引揚げ、大映京都撮影所に入社。
溝口健二監督作品「雨月物語」「山椒太夫」をはじめ、数多くの
作品をプロデュースし、56年に企画部長となる。71年大映倒産
により退社後は、浪速短大教授、映倫管理委員会審査員を務め、
「東芝日曜劇場」などのテレビドラマに健筆をふるった。シナリオの
代表作に、映画「新平家物語」、テレビ「かみさんと私」などがある。
81年1月3日没。