島崎藤村の名作「破戒」で三度現代劇取り組む市川崑監督と市川雷蔵

話題作・わだいさく・大作・たいさく・異色作・いしょくさく

『 破 戒 』
 原作は明治の文豪島崎藤村で、昨年末YTVより、市川染五郎主演で放映された。今度もTVと同じく市川崑監督の演出で映画化される。市川監督は、
 「原作がかかれた当時こそ、部落解放というテーマで意義があったが、今日ではそれだけでは意義がうすいと思う。だから、原作が部落問題を外から見た立場をひろげ、外の世界にも、中の世界にも双方に問題があるという風にし、人間の普遍的な問題、人間の魂の問題として描きたい。TVの場合、TVの機構上の限界があってやり通せなかったことを、フィルムの上で縦横に描いて行きたい。またこの作品を取り上げたのも市川雷蔵というタレントがあればこそ食指が動いたわけです」
 と語っているが、雷蔵は。
 「歌舞伎時代に、坂東蓑助さんの丑松もみたし、木下恵介監督の映画も見ました。この丑松という人間像は満足しきれないけど、ひかれました。こんどのシナリオ(和田夏十)は、大変すぐれていて、読むたびに丑松という人間に共感し、同情して泣いてしまった。階級的偏見を越えたものがあると思う。この私の受けた感銘をどうフィルムの上で観客に伝えて行くか、それだけが問題です」
 配役は猪子蓮太郎に三国連太郎、土屋銀之助に長門裕之、風間敬之進に船越英二、猪子の妻に岸田今日子、蓮華寺住職夫妻に、中村鴈治郎と杉村春子という異色の顔ぶれで、雷蔵の相手役お志保には、ニューフェイスから、藤村志保が抜擢された。

                                    (「時代映画」62年3月号より)

 

 

Top Page