◆やすらい祭り◆

 4月第2日曜、今宮神社。花と共に飛び散る疫神を鎮めるためのこの祭は、「はなしづめ」「鎮花祭」の流れをくむ祭で、別名「やすらい花」ともいい、春の祭のさきがけ。平安の昔、サクラの散る頃になると疫病が流行したので、疫病退散を願って始まった。この日氏子たちは花傘を中心に、子鬼、赤と黒の大鬼、囃子方等に扮して、大鬼は鉦や太鼓を打ち鳴らしながら跳びはねるように踊る。花傘の下に入ると厄除けになるので、皆が競って入り、周りの人々もひとつになって楽しめる。京都三大奇祭の一つ。見学自由。市バス今宮神社前すぐ。