一問一答

質問 竜之助は新鮮だが性格がはっきり出ていないと思いましたけれども。

雷蔵 原作は一寸変ったチャンバラといったもので、竜之助もそれ程新しい人間ではないと思います。只考えて行動するのではなく行動が先に立つと云った人間で、盲になってから、人間的なふくらみも出て来ると思いますが・・・

と中年の方から次の様な質問が出ました。

質問 大菩薩峠で剣道の場面で踵がペタリとついて動かないですけどその点について説明して下さい。

雷蔵 あれは音無しの構えといいまして、普通、正眼の構えを横にはずし、面と小手にすきのある様に見せ、相手がついて来るまでは、雷が鳴っても絶対に動かないと云うのが特徴です。

男性会員が、学生時代に使った木刀を持参に及び、その型を見せて欲しいと云うと、場内から拍手がおきましたので、雷蔵さんはおもむろに木刀を手にし、映画でやった音無しの構えを御披露して下さいました。

次に、やはり今年、ファンにとって最大の関心事だった雷蔵さんの舞台出演についてもいろいろ質問がありました。

質問 お父様と舞台に出られてプラスになった事をお話下さい。それからどうしても舞台に帰って欲しいんですが・・・・

雷蔵 仕事の分野が別なので、直接プラスになったと云うことはないと思いますね。父は歌舞伎の世界で大成したが、私は私なりに映画の世界ではげむつもりです。歌舞伎俳優としてでなく映画俳優の市川雷蔵に御期待下さい。

質問 舞台は批評が悪かったですが、テレビをみてて大変よかったと思ったんですが。

雷蔵 十中八までが悪い批評でした。にもかかわらず観客は連日満員だった事は考えられない事ですが・・・・稽古日数がが少なくってと云うと、言いわけらしくなりますが、親子競演で伝統的なものをと思ったんですがどちらかと云いますと、大衆演芸でしたので、評論家にこの誤解があったのではないかと思います。父といっしょに舞台に出られた事は、大変嬉しかったです。これからも歌舞伎に帰る訳には行きませんが、これからの俳優は映画だけではなく、舞台もやって行かなくてはならないと思います。父が元気なうちに東京で親子競演をお目にかかれる日があると思いますが、御期待下さい。

とおっしゃって、丁寧に頭をさげられた。

又、ファンとして願う事は、雷蔵さんに良い演技を、そしていい作品をみせてもらいたい事でしょう。二十二日封切りの雷蔵さん宿願の『忠直卿行状記』についても質問がありました。

質問 忠直・・・・・会心作でしょうか?

雷蔵 出来上りをみていませんのでどうも云えませんね。

質問 苦心した事をお聞かせ下さい。

雷蔵 どこが苦心したかと云う事ははむずかしい。大まかに云うと、人を殺したり、女性との関係など、見た目に反感をかう行動が多いが、これは形の上の手段として、忠直の苦悩を出したいと思いました。しかし、私がどこまで苦心したかを云うより、御覧になって貴女なりの批評をお書き下さる事を心待ちにしております。

質問 来年の野心作と会社の企画は?

雷蔵 『好色一代男』来年の上半期になる予定です。会社の企画は、ほかにはわかりません。

質問 近いうちに何か現代劇をやられますね。

雷蔵 “青年将校”あれは通信社で勝手に書いたもので、具体化はしていないけど何かやりたいと思っています。

質問 最近の雷蔵さんの演技は完成的になってしまって、どこに興味をもっていいのか分らないのですが。

雷蔵 前進していないから完成の様に思うのではないかと僕は思いますね。

質問 雷蔵さんの演技はすべて頭で計算された固さが感じられるんですが。

雷蔵 貴女がそう思われるのでしたらそういう面もあるかもしれませんね。それが良いか悪いかは別として・・・・。

質問 “あなたの市川雷蔵”特集だったと思いますが、二枚目の限界以上の表情をしなければならないときもあるとありましたが、雷蔵さんにはあまりない様に思いますが。

雷蔵 意識して二枚目をくずさぬ様にしているのではないのですが、内容とつり合わないと駄目ですし、“炎上”なんかその点そうだったんではないでしょうか。

質問 “まげ”についてですが、“かげろう絵図”の様な場合は、浪人なんだからもっと浪人の雰囲気を持ったものにして欲しいと思いますが。

雷蔵 うん、貴女の云う事はつまりオーソドックスにという事ですね。“濡れ髪シリーズ”なんかは年代的意識を入れて、意識してくずしている時もありますから、その点、皆さんがごらんになって、そういう事をいろいろ考えているなと見分けて欲しいですね。

質問 最近のラブシーンは必要以上にしつこく感じられますが

と主婦の方から質問されると。

雷蔵 それは私も感じておりました。去年の集いの時、皆さんからラブシーンと立ち廻りが下手だといわれましたので、御意向に従って、今年は特にラブシーンを一生懸命やりましたが、今度は度が過ぎましたか?(とその方のほうをのぞきこむ)来年度からは謹んでやります(笑)

とおっしゃると若い人からラブシーンはやってもいい謹む必要はないと意見が出て、雷蔵さんも一寸とまどった様子で「さっきの方は謹むべしと云ってましたよ」と笑っていらっしゃった。

こうして、作品、演技等々の質問が出ると、これが大映という会社に直結して来るのは無理からぬ事。

質問 大映は良い映画が多いのにほかの映画からくらべて客の入りが悪いのはどうしてでしょうか(二流館にお勤めしている女性)

雷蔵 それは映画に愛嬌がないからでしょう。映画も誠実なだけではだめで、理屈を超越したものが必要だと思いますよ。

質問 新しい企画といって今日の世相を反映させて行きたいと良く云われますが、出来上った映画をみますと、しんどいところばかりか、いやという程見せつけられ、やりきれなくなってしまうのですが、気楽に楽しい雰囲気で見られる時代劇から、だんだん離れて行く様に思いますが。

雷蔵 大映の企画部に聞いてもらいたい良い御意見だと思います。単なる時代劇から二人三脚でなく、一人マラソンしている傾向はたしかにあります。年に一、二本ならいいと思いますが・・・・つまり取合わせを、番組の編成が問題なんですね。私も出来るだけ会社に云いますが、ファンの皆様の連名で、どしどしこういう意見を大映に出してもらえたら幸せと思いますね。

雷蔵さんの事なら、どんな小さい事でも知りたいといった質問に、次の様なのがありました。

質問 好物はなんですか。

雷蔵 めん類です、特にうどん、酒飲みではないのですが辛党です。

質問 飲物は。

雷蔵 洋酒、ビール、日本酒(一級酒まで)なんでも飲みますが、焼酎だけは駄目ですねェ。

とおっしゃったので会場は笑いの渦。

質問 最近ごらんになった洋画は。

雷蔵 チャップリンの“独裁者”です。

質問 青年会議所に入った動機は。

雷蔵 いろいろなところに入って、視野を広げたいからです。

そうしてどうしても皆さんがお聞きしたい事は、雷蔵さんの結婚の事でしょう。

質問 結婚についていろいろ噂されておりますけれど。

雷蔵 新聞、週刊誌が報道しても、本人が発表するまでは単なる噂ととっておいていただきたいと思います。

質問 結婚して下さい。しないで下さいと、二つのファンレターがあると思いますが、どちらが嬉しいですか。

雷蔵 両方ありまして、どちらかとは云えませんね。私の家は放任主義もいい所でいまだにそれらしい話が出ません。これも縁のものですから・・・・又、こういう事は映画には関係のない事ですが、でも職業柄、誰からも良い人と結婚したと云われるような人を妻にもちたいと思いますし、ファンの方達にもそう思われる人がいいと思います。

とおっしゃると期せずして場内は拍手でいっぱいになりました。

又、後援会のあり方について質問されると雷蔵さんは「この様に立派な後援会を作ってくれて皆さんに後援してもらってありがたいと思っておりますが、形の上で表われたものではなくって結構です。善意ある批評が一番ありがたいと思っております」とおっしゃいました。

その他、浅沼刺殺事件の山口少年についての世論的な質問や、「ハワイでは今年人気が一番、今度是非ハワイにゆっくり来ていただきたい」と希望する、ハワイの中年婦人。

又、雷蔵さんは「皆さん映画や雑誌を御覧になって感じた事があるんでしょ?何でもおっしゃって下さい」とおっしゃって会員さんのお席を廻られる。

こうして約一時間、雷蔵さんは親切且つよどみなく質問に答えていらっいしゃました。(昭和35年11月13日「第六回秋の集い」から)