雷蔵、書く。

−さまざまな機会に、雷蔵は自身の考えを文章として残している。文章のはざまに、人間太田吉哉が見え隠れしている。

(放談・・・ということなら、「雷蔵、語る」なのですが、ここに載せます。)