役所が私生活にまで響きます

霜中 何かで読んだのですが、雷蔵さんはおウチでも無口なんですって?

雷蔵 どこでも無口だよ、仕事のほかはね。仕事するときには多弁になるけど・・・。

永井 でも、『炎上』のときはセットの中でも大へん無口だったとか。

雷蔵 さっとその場へ来て、いきなり泣いたり怒ったりというようないろンな芝居を、もちろんできる人があるかも分らないけど、大体『炎上』のような役をしているとき、信長のような役をしているとき、『お嬢吉三』のようなドライなアプレの青年をしているときとでは、自然と動作なり言葉つきまでが普段に出てくるよ、そういうようになるね。

霜中 私生活まで延長しますか、役柄の性格が。

雷蔵 どうしてもね、やっぱり。

永井 相手役をきめるについて雷蔵さんの意見は相当入れられるわけですか。

雷蔵 もちろん私の意見というのは一応言いますけど、それがそのまま受け入れられる状態ではないですね。大体俳優会議というのは、会社の首脳部がやるので、主演者はタッチしないわけです。

永井 (それで納得したように)女優さんにはいつももうひとつ満足しないのです。

雷蔵 (すかさず)あなただったらいいのですけどね。

永井 まアー。(赤くなる)他社出演というのは?

雷蔵 ないねエ、考えたこともないから。他社出演というのは私の性格には合わんかも分らんな。よそに行ったらこンなわがままでは通らんよ。それに俳優さんの場合はね、その作品に出るというより監督さん次第ですからね、他社出演というのもいい監督さんについあいたいことの現われなンですよ。会社だって別にそういうことをいやがるのだったらそういう監督を連れてくればいいンだ、結局は。(仕事の話になると目が輝く)

永井 他社の監督さんは連れて来られないのですか?

雷蔵 現実論ではないが、連れてくれば他社出演ということのケースはなくなると思うンだ。黒澤さん、稲垣さん、成瀬さんその他数え上げればキリがないよ。そういう人たちと仕事がしたいな。一生のうちに同じ人と十本も二十本も撮ったって、コンビのよさが生かされればそれはいいけど、そうでない場合は同じことの繰り返しだね。