恐るべき人気の中村錦之助

男優の部

 ひと口に新人とっても、どこからはじめていいかむずかしいが、近ごろ恐るべき人気を沸騰させている点では、中村錦之助をトップにあげなければなるまい。まったくすさまじい人気で、林長二郎時代の長谷川一夫、戦後の鶴田浩二も顔負けの熱狂ぶりである。

 これにつづいて東千代之介も大変な人気で、この二人が突如として登場したことは1954年の大きな話題だった。今年から来年へかけてのことはわからぬが、とにかく目下のところ、人気という点だけでは、現代劇の諸君はこの二人にまるで歯がたたない恰好である。

 ついでに時代劇畑の新人をあげれば市川雷蔵がペレス選手みたいなスピードで進出してきたのが注目される。少し早く出発した北上弥太郎も着々と地盤を固めているが、もう少し肥ったほうがよろしい。「清水次郎長」物で売り出し、「新鞍馬天狗」におさまった小堀明男の明るさもうまく生かせば面白い。石井一雄はなかなか美青年で、現代劇でもいけると思うが、時代劇では錦之助、千代之介と同じ会社にいるので、影がうすくなるのはのはお気の毒。明智三郎も現代時代両刀使いでだいぶ伸びてきた。(後略)

(五尺六寸の長身に恵ぐまる・・・時代を感じます)