歌ごよみお夏清十郎

1954年11月1日(月)公開/1時間40分新芸術プロ映画/白黒スタンダード

併映:『若い人たち』(吉村公三郎/音羽信子・日高澄子)

製作 福島通人・樋口大祐
監督 冬島泰三
原作 旗 一兵
脚本 舟橋和郎
撮影 太田真一
美術 川村鬼世志
照明 藤来数義
録音 杉山政明
音楽 上原げんと
出演 美空ひばり(お夏)、香川良介(但馬屋九右衛門)、河野秋武(勘十郎)、堺俊二(与助)、三条美紀(お蔦)、柳永二郎(近江屋甚兵衛)、山茶花九
惹句 『好いて好かれた清十郎さまに、歌うお夏の恋模様』『ひばりのお夏雷蔵の清十郎哀艶の情緒と歌で描くご存知恋模様』『お夏可愛や、清十郎憎や、恋にやつれた二人旅』『ひと目逢いたい清十郎様に・・・・お夏可愛や恋の歌』『待ってました日本一の恋模様ほっとため息の出る初顔合わせ

★ かいせつ ★

 新芸術プロ出演作品。全作品中、他社出演はこの作品のみ。戦前に林長二郎・田中絹代が主演、戦後は市川右太衛門・高峯三枝子でリメイクされたもの。三回目の映画化。

 冬島泰三監督 「今までと違って、これは若く明るく唄うお夏です。多少アプレ的なお夏といった方がいいかもしれません。映画の中で速いテンポの中にも江戸情話の雰囲気がいくらかでも出れば成功だと思います。あくまでも、ひばりのもだから、やはり、ひばりらしく描くつもりです。また、共演の市川雷蔵も、ひばりと共に私には初めての人ですが、若い人たちに受ける、非常に甘い新鮮なコンビを期待しています。」 

 近来、増々その演技力と共に、得意の歌謡に進境を見せ、唄うスターとして揺るぎない王座を保つ、美空ひばりが、甘い歌の数々を聞かせ、『幽霊大名』で好評の関西武智歌舞伎の俊英、市川雷蔵が、水もしたたる様な男振りを発揮する艶麗浮世草紙篇。

 時代劇悲恋ものとして余りに有名な物語を、ぐっと楽しく趣向を変え、唄と乱闘を随所に盛っている。原作旗一兵、脚本舟橋和郎で、冬島泰三の監督作品。

 美空、雷蔵のお夏清十郎の他、助演陣に、香川良介、河野秋武、柳永二郎と達者な顔を揃え、三条美紀が妖艶な役どころで花を添える。更に川田晴久、堺駿二の爆笑二人組はこの映画の明瞭な性格を如実に語るものであろう。

 撮影太田真一、照明藤来数義、録音杉山政明、美術川村鬼世志、音楽上原げんと、と最高スタッフで、主題歌はコロムビアレコード。新芸術プロ作品で、皆様の新東宝が贈る青春恋愛時代劇の異色篇である。(公開当時のパンフレットより)

 

      

       ★ 物 語 ★

 米問屋但馬屋の手代清十郎は美男子で働き者。但馬屋の娘お夏は気丈な娘で、清十郎を心から慕っているが、表面は主従の気持ちを崩さない。ある日、但馬屋に米の買付金五百両がお奉行から届くが、商売仇の近江屋は但馬屋の手代勘十郎をそそのかし、その金を盗み出し、清十郎に濡衣をきせ、その上、策略を用いて但馬屋を倒産させてしまう。島流しの刑に処せられた清十郎は、この報を知り、流刑場を脱出し、窮地に追い込まれたお夏と但馬屋を救いに行く・・・・。

←クリック! 中味が見られます!

お夏清十郎

一、 花の絵日傘 くるりと廻し
歌を唄えば 散るさくら
おさななじみの 清十郎様に
寄せた情けが エー恋となる
ニ、 浮世絵すがた 元禄模様
人も見惚れる 後影
向お通るは 清十郎様か
笠が似ている エー菅の笠
三、 水に絵のよな 帆影を映し
揺れてながれる 月夜舟
漕いで下され 清十郎様よ
恋の千鳥も エー啼いて呼ぶ

花のおしどり笠

一、 こころ晴ればれ 草鞋の紐を
結ぶ笑顔の 旅支度
馬子が自慢の 追分聞いて
行けば街道 陽が高い
ニ、 瀬戸の島蔭 白帆が通う
海は凪だよ 良い眺め
肩をならべた おしどり笠に
恋をささやく 風が吹く
三、 恋の菅笠 清十郎様と
人もうらやむ 二人旅
駕籠にゆられて峠を越えて
今日の泊りは どこの宿

 

歌ごよみ お夏清十郎          滋野辰彦

 『ふり袖月夜』では八百屋お七の恋物語をハッピイ・エンドにつくりかえたが、今度もお夏清十郎の悲恋を、めでたい結末に終らせている。美空ひばりを主役に、売出しの若い二枚目と組合せる企画にとっては、このように自由な改変も一つの変った狙いとして悪くはない。いわば娯楽としての立場からみれば、これは古い恋物語の新しい扱い方でもある。

 しかし新しい扱いである以上、演出にも新しさがなければ困るのであって、娯楽作品だからいい加減に作っておけばすむという態度では困る。脚本も演出も力を抜きすぎている。うまい下手を論ずる以前の出来なのだ。

 一流の人気スタアひばりと新スタア市川雷蔵の共演だから、この映画は或る程度人目をひく。そしてこの程度の娯楽映画が、もっとていねいに作られないと、日本映画全体のレヴェルが容易に上昇しないことになる。

 ひばりの主演映画だから歌がはいる。この種の歌謡映画では、不思議に歌が作品の内容から離れてしまう。歌いはじめるトタンに、お夏はただの流行歌手美空ひばりに替ってしまうのである。雷蔵の清十郎は島流しになり、脱獄して国に帰ると、与三郎もどきの啖呵を悪番頭の前できってみたり、たかが回船問屋の番頭のくせにむやみに強かったり、取ってつけたようなエピソードが重なりすぎる。白塗りの雷蔵は魅力がない。

興行価値:題材の大衆性とひばりの主演で一応の成績は期待できようが、作品が粗末だから、成績は尻つぼみになる危険性大。(キネマ旬報より)

随談第26回 観劇偶談(その10)

 池袋の新文芸座で美空ひばり映画特集が2週間ほどあったので、2日ほど覗いてきた。メニューは一日二本立てで日替わりなので、その日都合がつかなければそれっきりである。

 橋蔵・雷蔵・錦之助を相手にした『笛吹き若武者』『お夏清十郎』『ひよどり草紙』の3作を見ることが出来たから最小限度のお目当ては達成したわけだが、(ついでに『大江戸喧嘩纏』という橋蔵ものも見たが不出来な作だった。せっかくの機会なのだからもう少しマシなものはなかったか。たとえば東千代之介との『振袖競艶録』というのは実は『鏡山旧錦絵』を踏まえていて、ひばりのお初に千原しのぶの尾上、浦里はるみの岩藤という三役揃った配役は、これほどの柄と仁の揃うことは歌舞伎でだってそうざらにはないだろう)、『伊豆の踊り子』『お嬢さん社長』(佐田啓二が相手役だ)という松竹時代の作品が見られなかったのがちょいと心残りである。

 昭和28、9年、ちょうど娘盛りになったころのひばりというのは、大家になってから後のイメージからはちょっと想像しにくい、高音のきいた歌声とともに、単に懐かしいだけでなく、「別のひばり」になり得た可能性を持っていたと思う。深尾須磨子がひばりのために作詞をした『日和下駄』とか、『お針子ミミイの日曜日』などという和風シャンソンを歌ったり、ひばり生涯のうちの「短日の秋天」の趣きがある。

 『伊豆の踊り子』は野村芳太郎若き日の佳作だが、この中でひばりが歌う「三宅出るとき誰が来て泣いた、石のよな手でばばさまが、マメで暮らせとほろほろ泣いた、椿ほろほろ散っていた」で始まる曲は、何故かあまり喧伝されないので知る人もすくないようだが、ひばりの歌と限らず、日本の歌謡史という視点に立ってもユニークな名曲だと思う。短い旋律を繰り返し歌いながら、微妙にヴァリエーションがきいてゆく具合が絶妙で、ひばり歌謡としても屈指の名歌唱と、私はひとりひそかに信じているのだが・・・。ちなみにこの歌の最後は、「絵島生島別れていても、こころ大島燃える島」というのである。

 ところで、『笛吹き若武者』と『ひよどり草紙』は大川橋蔵と中村錦之助のそれぞれ映画デビュー作だが、いま見ると、こんなに幼かったかなという感は否めない。それに比べると雷蔵は、デビュー作でこそないがデビューの年の作品であることを考えると、驚ろくほど、すでに大人の芸になっている。大店の手代としての清十郎にはさすがに上方歌舞伎の役者らしい和事味があるし、途中から流刑になって、島抜けをして戻ってくるという与三郎みたいな凄味な男に変貌するのだが、そのあたりも冴えている。はじめから幼さというものがない。これは雷蔵論に直結するものだろう。作品としても、あとの二作よりも出来がいい。

 しかしそうはいっても、たとえば橋蔵の平敦盛が、一の谷で熊谷直実(大友柳太朗である)に呼び止められ、渚に引き返してくるあたりの優美さはハッとさせるものがあるし、錦之助の前髪立ちの若衆ぶりというものは、まず真似手がない初々しさと、奥に猛々しさを秘めた優美がある。これは橋蔵にも雷蔵にもないものだ。

 ひばりをダシにした感もあるが、三人の原点を確認できたことは大収穫だった。(上村以和於の随談より)

←クリックすると拡大版が見られます!

 

 

YaL.gif (2580 バイト)

Top page