幽霊小判

1960年4月6日(水)公開/1時間16分大映京都/白黒・シネマスコープ

製作 三浦信夫
企画 税田武生
監督 井上昭
脚本 松村正温
撮影 本田平三
美術 上里義三
録音 長岡栄
照明 古谷賢次
音楽 小川寛興
助監督 黒田義之
スチール 浅田延之助
出演 丹羽又三郎(庄吉と名乗る男謎の男)、三田登喜子(おふじ)、島田竜三(鳴海左平次)、鶴見丈二(庄吉)、美川純子(お咲)、大和七海路(お紋)、高倉一郎(若い漁師)、市川謹也(茗荷屋の勘次)、伊達三郎(番頭久助)
惹句 『消えた小判消された男犯人が犯人を追う不可解きわまる事件の連続』『ギョッとする怪奇、アッという結末笑いも凍る時代スリラー』

kaisetu.gif (3018 バイト)

井上昭監督のデビュー作に、市川雷蔵がラスト駕籠かき役でちらりと友情出演する。五万両の小判を巡る事件と陰謀の入り交じる怪奇スリラー時代劇。丹羽又三郎、三田登喜子主演、共演に島田竜三、鶴見丈二、美川純子、夢路いとし、喜美こいしの凸凹コンビが笑いを誘う。

庄吉とおふじの祝言当夜、五万両とともに庄吉の姿が忽然と消えた!?犯人を追う与力左平次の行く手を阻む者とは?謎が謎を呼ぶ事件の鍵を握る男の正体を暴く!(ビデオ解説より)

book.gif (2631 バイト)

daiei.jpg (1795 バイト) 

YaL.gif (2580 バイト)

Top page