映画名場面集  - 美しくもすさまじい永遠のテーマ-

華岡青洲の妻

- 昭和42年度芸術祭参加作品 -

 母に麻酔薬を飲ませ、横たわるからだの裾をめくって内腿をつねり、薬の効果を喰い入るように見つめる青洲。妻はその夫を見て、更に自分の献身的愛をつのらせ、薬をのんで美しいからだをさらす。これは異常な愛だろうか。女のみにくい愛の争いだろうか。嫁と姑のすさまじい献身だろうか。

 ヨーロッパの医術に先立つこと四十年、世界最初の全身麻酔による乳ガンの手術に成功した偉業の陰で美しくも激しく咲いた二人の女。その名場面を誌上に - 。