人 体 実 験

 姑と嫁はおたがいに相手の身をかばって、同じ言葉を繰りかえし争いつづける。「自分にその薬を試して」目の前で美しい争いを展開する母と妻を青洲は憮然と眺めた。命を的にしてまでも互いに負けられないみにくい葛藤を演じているのだろうか。

 二人の争いを知ってか知らずか、青洲はきっぱりと言った。「よっしゃ。二人に飲んでもらおう」実験はまず母から試された。

 於継は静かに麻酔湯を飲んだ。異常な緊張がみなぎって、加恵は息をつめてみもった。だが於継に試された薬は弱いものだった。加恵こそ本当に研究に役立つ薬を試そうと青洲は密かに考えていた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9