遊侠五人男

1958年1月15日公開/1時間25分大映京都/カラービスタビジョン

併映:「有楽町で逢いましょう」(島耕二/京マチ子・菅原謙二)

製作 永田雅一
企画 高桑義生
監督 加戸敏
原作 川口松太郎(オール読物連載)
脚本 八尋不二
撮影 武田千吉郎
美術 西岡善信
照明 岡本健一
録音 大角正夫
音楽 鈴木静一
助監督 西山正輝
スチール 小牧照
出演 長谷川一夫(駒木野の源八)、勝新太郎(野州無宿の徳次郎)、梅若正二(韮崎の佐吉)、黒川弥太郎(佐原の又四郎)、木暮実千代(お藤)、阿井美千子(桐佐のお仲)、近藤美恵子(お加代)、中村玉緒(お千枝)、田代百合子(おさわ)、小堀明男(沢村米五郎)、春風すみれ(芸者うさ吉)、浜世津子(同ぽん太)、真風圭子(吉野太夫)、若杉曜子(芸者おぢえ)、大美輝子(芸者お多福)、橘公子(つたやの女中お滝)、杉山昌三九(我孫子の九兵ヱ)、清水元(松平与八郎)
惹句 『花のやくざの五人男が大型場面で大暴れ』『一人づつでも滅法強い五人揃えば文句なし斬って暴れて天下無敵』『五大スタアが切っ先揃え、花のお江戸で殴りこみ

kaisetu.gif (3018 バイト)

 オール読物連載の川口松太郎の原作を八尋不二が脚色。

新春の銀幕を飾る空前の顔合せ

加戸敏監督で 『遊侠五人男』 の製作決定

長谷川、雷蔵、勝、梅若、黒川の競演で

 正月作品で慌しい大映京都で、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、梅若正二、黒川弥太郎の珍しい顔合せが行われた。これは大映が正月に封切する五人の競演物「遊侠五人男」の製作が決定、その打合せのためで、他社の大作を一挙に粉砕せんとの画期的な試みである。

 今まで同じ所で働きながら仕事の都合でなかなか顔を合せることのない五人男だけに、会えばいろいろと話がはずむ。重役スター長谷川が貫禄からいってもおのずと話の中心になるのは当然で、この五人男の勝手な言分を整理するのが、演出にあたる加戸敏監督である。

 「遊侠五人男」はオール読物十二月号に所載された、川口松太郎の原作を、企画者高桑義生と脚本家八尋不二とが打合せの結果まとめあげたもので、話は、子分の不始末から、騙されたとは知りながらも、身替りとなって江戸送りとなる親分の危窮を、四人の男伊達が力を合せて救い出すという任侠に富んだ絢爛たる娯楽篇で、そのクライマックスは、花の吉原仲ノ町の大通りで大立廻りとなっている。

 この豪華な顔触れを大映の誇るビスタビジョン・総天然色でうつし出そうとするのだから、正に鬼に金棒である。才腕を買われて演出にあたる加戸敏監督も、これだけの多彩なキャストを与えられては、文句のいいようがなく、自己の才腕を奮うのはこの時とばかり大張切りである。

 今までの顔見世的なオールスター物とちがい、この「遊侠五人男」は名実ともに五人のスターの競演物だけに、その五人の魅力ある個性をどうして描き分けるか、ここに加戸監督の悩みがある。

 大映が来年一年の社運を賭す作品であるため、この打合せはなかなか慎重で、詳細なスタッフ、キャストはまだ未定であるが、製作は社長永田雅一自らが当り、企画=高桑義生、原作=川口松太郎、脚本=八尋不二、監督=加戸敏、撮影=武田千吉郎とベテランが顔を揃え、大作としての風格をととのえている。(寿会会報No.7より)

  ←クリック中身が見られます!

〔 解 説 〕

☆ 大映京都を背負って立つ五人の人気男が初めて顔を合わせる豪華絢爛たる文句なしの超娯楽大作で、大映カラー総天然色・ビスタビジョンサイズの大型時代劇であります。

☆ 長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、梅若正二、黒川弥太郎の五人男が侠気に富んだ任侠の世界を背景に展開する異色ある股旅映画で、これを色どる女性群に、妖艶木暮実千代、阿井美千子、清純近藤美恵子、中村玉緒、田代百合子が競演、大敵役として小堀明男と、文字通りの豪華キャストで、大型画面一杯に大暴れするものであります。

☆ 「オール読物」十二月号所載の川口松太郎の原作を得て、ベテラン八尋不二が脚色に当たっております。大映の総力結集篇だけに、製作は社長永田雅一、企画は老練な高桑義生であります。

☆ 演出には、「雪の渡り鳥」で好調を示した加戸敏監督が息つぐまもなく真っ向から取り組んでおり、これを助けるキャメラマンは武田千吉郎で、大映京都の誇る優秀なスタッフが選ばれております。(大映京都作品案内No.532より)

[ 略筋 ]

 野州無宿の徳次郎は恋人のお千枝が父のイカサマ博打のかたとして悪人・沢井米五郎の子分に拉致されたが、これを腕づくで救い出した。この不始末により、徳次郎の親分・佐原の又四郎は、米五郎が旗本・松平与八郎を斬った罪を代りにきて郡代のお手先妻木兵三郎の宰領で江戸送りとなる破目になった。

 一方、又四郎の子分で徳次郎の兄貴分である旗本でありながら今は渡世人の駒木野の源八は、代参で身延に行っていたが彼を慕うお藤の口から親分の危機を聞いた。しかも米五郎が殺した松平は彼の伯父であった。源八は持ち前の義侠心から親分又四郎救出に乗り出し、道中にその軍鶏駕籠をとらえた。しかし警固の兵三郎に彼は制止された。兵三郎と源八はかっての道場友達であった。兵三郎は源八に、親分を助けたくば米五郎を捕え江戸郡代屋敷へ連れてこいと助言した。

 源八は米五郎を求めて必死に旅をつづけた。途中お千枝と夫婦気取りで行く徳次郎を見つけ、その横ッ面を張って同行させた。そのころ米五郎は源八の弟分、韮崎の佐吉のもとに隠れていた。佐吉は養子の身で、先代への義理から米五郎を置いていたが、そこへ心当りをつけ源八らが現れた。兄弟分の佐吉は源八の顔を見るや、米五郎討取りの手筈をそっと教えた。源八は米五郎に立向った。が、米五郎は逃れ去った。

 米五郎を追う源八らは彼が江戸、吉原へ向ったことを知った。やがて江戸吉原。遂に源八、徳次郎、佐吉の三人は米五郎を見つけ、彼の子分と大乱闘。急を聞いて兵三郎も駈けつけた。米五郎も今は観念した。その米五郎を見て源八は「花の吉原、血の雨降らすが本意じゃねえ」と刀を収め、親分又四郎を先に立て颯爽と引き揚げた。( キネマ旬報より )

book.gif (2631 バイト)

daiei.jpg (1795 バイト)

YaL.gif (2580 バイト)

Top page