大映撮影所

日蓮につづく台風の眼は『弁天小僧』

お色気たっぷり雷ちゃんのお小姓姿

 昼さがりの撮影所はウソのようにのんびりとしています。『日蓮と蒙古大襲来』という超台風が吹きまくって、笑いがとまらないといった大映撮影所は、そのなごりでもないでしょうが、題名を染めぬいたビニールの大提灯が、ブラリブラリ、正門横の守衛室に吊下げられています。宣伝課へ顔を出すと、ここにも天井から大提灯です。これをみてもいかに力をいれたかがわかります。

 そんなわけで台風一過、本日の撮影は、雷蔵さんの『弁天小僧』に、勝新太郎さん主演の『血文字船』、それから『赤胴鈴之助』の三組です。

 中庭にあるグランプリの銅像を前をブラリブラリ歩いていると、若衆まげの色っぽい小姓さんが、美しく着かざった女優さんとやってきました。なんとこれが市川雷蔵さんに青山京子さんです。

 「珍しいですね、京子ちゃん」

 「あーら、しばらく」

 ちょうどいいところとばかり、さっそくスナップをパチリ。

 雷蔵さんの相手役、お半で初コンビをつくる京子ちゃんは、京都で仕事をするのははじめてなので、ちょっぴり心細そうです。

 「きれいな人やな、青山さんは」

 「お上手ね、雷蔵さんは」

 こんどの『弁天小僧』で五十本目を迎える雷蔵さんは、念願の伊藤大輔監督のメガホンとあって大ハリキリ。『濡れ髪剣法』の追い込みの疲れもみせず、明るい表情です。

 前作では八千草さんと、こんどは青山さんと、つづけて二本新コンビをつくる当の雷蔵さん、

 「ボクはそんなに浮気者やないんや!」

 仕事ですものネ。

 お二人にわかれて、ステージの方へ行きますと、

 「手をあげろ!」

 ドスのきいた声です。思わずギョッとなる記者の背後に、勝ちゃんのいかめしい二挺拳銃が不気味に向けられています。

 「なアーんだ、オドカさないで下さいよ」

 いたずらっぽく笑う勝チャンの隣りには、小野道子さんと浦路洋子さんがいます。

 「こんどの『血文字船』で、ピストルを使っているんでネ」

 撮影所だから、こんなオフザケが笑い話になるわけですが・・・。

 赤胴鈴之助の梅若正二さんが東京の慶応病院に入院中とて、『黒雲谷の雷人』は主人公の出ないシーンからクランク。近日中に入る長谷川一夫さん主演の『伊賀の水月』でスタジオは、裏方さんが忙しそうに立ちはたらいています。

 『日蓮・・・』で陰の立役者となった、大特撮プールへ行ってみると、ツワモノどもの夢のあと。満々とたたえられた水の色は青く、さざ波だち、夏だったら、ドブンと飛びこみたくなることでしょう。この水を一度に排水すると、近所の下水はあふれだし、下水のフタが持ちあがって、ときならぬ浸水さわぎを起したそうですから、さすが、超台風だけのことはあります。

 それではグランプリの像に別れをつげて、次は松竹へ行きましょう。

初コンビの市川雷蔵さんと青山京子さん

(ファンお手製の切抜帖から)